QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




この職業どうしたら就けるの?

2008年10月15日

第二回テーマ:コンサルタント

経済問題を取り上げたテレビのニュース番組で、「○○総研チーフコンサルタント」などといった肩書で登場する、
いかにも頭良さげな人たちが、今後の見通しなどを自信たっぷりに語っているのを見かけますが、この「コンサル
タント」という仕事には、一体どうしたら就けるのでしょうか?


「将来、コンサルタントの仕事をしたい」と考えている人でも、特定の専門分野について熟知し、ニュース番組に
意見を求められるくらいになるまでには、


①長い修行年月が必要なのでは?
②相当に頭が良くなくてはならないのでは?
③これから社会に出る未熟者の私でも、このようになれるか?


といった「不安」を抱いてしまうこともあるでしょう。
そこで、私たち「キャリア教育研究所」取材班は、実際のところはどうなのか、人気外資系コンサルティング会社
「アクセンチュア」を取材して確かめてみました!

上記3つのうち、②の「相当に頭が良くなくてはならないのでは?」は、たしかにそのとおりです。アクセンチュアの
ように、経営コンサルティングを行っている会社は、多岐にわたる分野・領域で発生する様々な問題を取り扱うの
で、優れた頭脳と好奇心は不可欠です。


ただ、①の「長い修行年月が必要なのでは?」と③の「これから社会に出る未熟者の私でも、このようになれるか?」
については、心配無用...かも知れません。というのは、コンサルティング業界は他業界に比べて、格段の早さで
成長することが要求されるので、新人が一人前になるまでに「長い修行年月」など費やしてはいられないからです。

非常にハードだけれど、やりがいと自己成長意欲を満足させてくれる仕事がコンサルティング業。今回の取材では
そんな印象を受けました。


将来、コンサルタントを目指す方は、しっかりと業界研究をして、まずはコンサルティング会社に入社すべきでしょう。
そして、特定分野の専門家となった暁には、独立とか、政府機関の顧問、大学教授といった新たな道が開ける
かも知れません。

なお、この取材内容の詳細は、大学生の為のキャリア形成支援マガジン「Skipper2010年新卒採用版」(9/29発刊)に
掲載されていますので、そちらをご覧ください。全国主要大学のキャリアセンターなどで絶賛配布中(無料)です。


また、アクセンチュアから講師を招いて8月に開催した「GLF自分らしく生きる為の就活応援セミナー」の様子を
紹介したサイトも是非ご覧あれ!
http://c-ri.jp/glf/seminar_2008_0809_report.html

 

banner-career.gif

なるほど!キャリア診断・・・・

キャリア教育研究所の豊富なキャリアカウンセリング経験に

中国で古くから伝わる「四柱推命」のノウハウを融合させたキャリア診断を

あなたも試してみませんか?

詳しくは、キャリア教育研究所「グローバルリーダーファーム」の

トップページから。http://c-ri.jp/glf/top.html

 

 

 

ページトップへ

ビジネス&キャリア注目コミュニティ