QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




実務能力認定機構 (ACPA)

個人

2012年4月26日 12:00

「個人」

 さて、個人認定です。

 これまでのお話のとおり、認証された講座を受講・検定試験を受験し、講座であれば所定の成績を修得、検定試験であれば合格することにより、当該講座・検定試験に定義されている能力 = スキルを修得したことになります。

 各個人様は、まず ACPA に会員登録をしていただき、成績・受験結果を ACPA に申請することによって自分が「どんな能力を」「どのレベルで」取得したかについての認定を受けることができます。もちろん、認定結果は「スキル認定証明書」という形で紙媒体として出力することもできます。

 現在のところ、英語分野については英語表記の証明書しかご提供しておりません。その他 (IT 分野・ビジネス分野等) については通常日本語表記の証明書をお出ししますが、ご希望に応じて英語表記のものをご提供することも可能です。ただし、英語分野とそれ以外の分野を 1 枚の用紙にまとめることはできませんのでご了承ください。

 現在、早稲田大学設置科目に関してはそれを基にする会員登録・および証明書発行無料キャンペーンを実施中です。どうぞご活用ください。

 なお通常、ACPA への会員登録および証明書発行は有料です。こちらの価格一覧ページ 4 をご参照ください。

 

2012年3月31日 12:00

スキル認定証明書サンプル

 スキル認定証明書は、「語学系」スキルと「そうでないもの (IT 系・ビジネス系等) とでフォーマットが違います。以下、サンプルを掲示します。


IT 系・ビジネス系等

語学系 (英語版のみ)


 いずれも「修得したスキル」「そのために受講した講座・検定試験」「講座・検定試験を実施する機関」が記載されています。

# IT 系・ビジネス系等の証明書を英語で発行することも可能ですので、用途に応じてお使い分けください。

2012年3月30日 12:00

スキル認定証明書を提示する際の補助資料

 残念ながら ACPA は現時点でそれほど知名度が高くありません。そのため、証明書を提出した際に先方から説明を求められることもあります。その折にお使いいただけるよう、資料を用意しています。

 ・IT / ビジネス系

 ・語学系

それぞれご参照いただき、是非ご活用ください。

2012年3月22日 12:00

スキル認定証明書活用事例 II

 就職活動体験記、第二弾です。

 早稲田大学政治経済学部 田島 良太 さん のケースをお眼にかけます。

 次回からはその他の機関が設置する検定試験・講座を順次紹介していきます。

2012年3月21日 12:00

スキル認定証明書活用事例 I

 予定を変更し、「スキル認定証明書」を携えて就職活動に臨んだ方の体験記を紹介します。

 まずは早稲田大学教育学部 太田茉莉さん のケース。

 次回も同様の体験記をお届けします。

プロフィール
実務能力認定機構 (ACPA)
実務能力認定機構 (ACPA)
NPO 法人 実務能力認定機構 (ACPA : アクパ) は、企業・大学等教育機関・官公庁の賛同のもと 2003 年に設立され、産学官連携による新しい教育システムと実務能力認定制度を確立し、社会が求める人材の育成を目標とした活動を行っております。
月別アーカイブ
2012年7月
2012年4月
2012年3月
カテゴリーアーカイブ
お知らせ (1)
ノーマル (4)
個人 (5)
機関 (2)
講座・検定試験 (5)

ページトップへ

カレンダー
<< 2015年04月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
CEFRをご存知ですか?
ACPAサイト更新しました。
「個人」
「スキル」
「講座」「検定試験」の認証