QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん


トピック

下田益子(平4社)「行政書士としての私が目指すもの」

神奈川県平塚市で開業しております下田益子と申します。開業して4年目となります。専門は遺言・相続・民事信託等の家庭問題のサポート、また女性の社会進出のサポートです。

行政書士になろうと思ったのは「カバチタレ!」というドラマを観てカッコイイ!と思い試験を受けました。運よく合格したのですが、動機が不純でしたので開業することが出来ず、結婚・出産をして専業主婦をしておりました。専業主婦を10年していて様々な家庭の問題や女性の悩みを経験、目の当たりにして、こんな私でも何かの役に立つことが出来るのではないかと思うようになり、一念発起して行政書士登録をしました。茅ケ崎生まれ、平塚・大磯育ちですので、故郷に恩返しをしたく、地域密着で頑張っていきたいと思っております。

2年前に会報に書かせて頂いた記事を読み返したのですが、社会的弱者の支援をしたいと書いていました。今でもその思いに変わりはありません。むしろ益々強くなっています。

ただ、開業当時と変わったことは、お客様を導いてあげるのではなく、寄り添ってサポートして差し上げたいと思うようになったことです。前を歩いて行くのではなく、後ろから支えてあげてお客様が安心して歩んでいけるような存在でいたいということです。女性の私だからこそ出来るサポートをこれからもしていきたいと思っております。

 

ページトップへ

行政書士稲門会

行政書士稲門会

トピック

あなたの意見や疑問など、みんなで話したい話題を投げかけてみましょう

新規会員登録