QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん


トピック

行政書士稲門会会則(2014.6.27改正)

【行政書士稲門会会則】

第1条.本会は、行政書士稲門会と称する

第2条.本会は、母校を愛し、会員の親睦と会員相互の業務向上を図ることを目的とする。

第3条.本会は、事務所を東京都江東区北砂5-20-5-1029に置く。

第4条.本会は、行政書士の資格を有する者及び資格を取得しようとする者で、早稲田大学出身者、大学院在籍者及び中退者を会員とする。

2.早稲田大学出身者、大学院在籍者及び中退者は行政書士の資格取得に拘らず当会会員の推薦により賛助会員となることが出来る。

第5条.本会は、事業年度終了後3カ月以内に定時総会を、必要に応じて臨時総会を開催する。

2. 総会は、役員の選任、決算の承認その他重要な事項の決定を行う。
3. 総会は、会長が招集する。
4. 総会は、議事運営のため会員の中より議長1名を選出する。

第6条.本会は、会長1名、副会長若干名、事務局長1名、副事務局長若干名、幹事若干名の役員を置く。

2. 役員は、定時総会に於いて会員中より選出する。
3. 役員の任期はこれを1年とする。但し、再任を妨げない。
4. 会員で役員であった者を名誉会長及び相談役とすることができる。
5. 役員をもって役員会を組織し、役員会は必要に応じて事務局長が招集する。
6. 役員会は、幹事会及び常任幹事会とする。
7. 幹事会は会長、副会長、事務局長、副事務局長、幹事で構成する。名誉会長、相談役は、幹事会に出席することができる。
8. 常任幹事会は、会長、副会長、事務局長、副事務局長、会計幹事で構成する。

第7条.本会には、母校関係、法曹関係、業務関係、他の士業関係より顧問を委嘱することができる。この場合、顧問は母校関係者に限られる。

第8条.本会員のうち、功績顕著なものに終身名誉会員の称号を贈り、敬意を表すことができる。

第9条.会員は、会の維持のため年会費五千円を納めなければならない。

2. 前項に拘らず活動の本拠を東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県以外の国内の各道府県に置くもの及び賛助会員については、年会費を三千円とする。
3. 中途入会者については6月1日から12月31日までの入会について当年度会費を徴収し、1月1日から5月31日までの入会については次年度会費として徴収する。

第10条.本会の事業年度は毎年6月1日にはじまり、翌年の5月31日に終わる。

附則
1. 本会則は、平成24年6月9日より改正実施する。
2. 本会則は、平成25年8月3日より改正実施する。
3. 本会則は、平成26年6月27日より改正実施する。

ページトップへ

行政書士稲門会

行政書士稲門会

トピック

あなたの意見や疑問など、みんなで話したい話題を投げかけてみましょう

新規会員登録